結婚式のアクセサリー&ジュエリーマナー

結婚式への参列において…
服装にマナーがあったように、身に付けるアクセサリー・ジュエリーにもマナーがあるのはご存知ですか?

結婚式・披露宴にお呼ばれして参列するときに身に付けるアクセサリーのマナーは、服装同様とても
気にしなければならないものです。定番だとパール、ビーズ、ゴールドなどがありますよね。
今回、このコーナーでは結婚式・披露宴のお呼ばれアクセサリーのマナーについて学んでみましょう!

◎結婚式のお呼ばれコーディネート、アクセサリーのマナーとは…?

ゲストとして招かれた式において、着用していく服装には最低限守るべきマナーというものが定着して
いる一方で、実はアクセサリーについては絶対的な決まり事はなく、思ったほど制限もそれほど多くは
ありません。ただ、結婚式や披露宴といったフォーマルな場所というのは、花嫁や他のゲスト、会場の
雰囲気とのバランスを考えた上で調和のとれた装いがとても大切になります。

派手な装飾品などは、どんなに高価なアクセサリーであっても逆に品位を下げてしまいがちというもの…
自分のせいで新郎新婦の評価を下げてしまいかねませんので注意しましょう。
招待してくれた新郎新婦のためにも、自分本位のマナーではなくお祝いの場がより良い雰囲気になる
ように努め、周囲への気配り、隅々の装いにまで気を配ることが肝要です。品格ある装いにて出席でき
できるよう心掛けましょう。

◎結婚式に出席する際のアクセサリーマナー・9つの常識とは?

結婚式や披露宴のゲストに呼ばれ、出席する際”せっかくだから…”と派手に装いたいと思う気持ちも
わかりますが、あくまでも主役は新郎新婦…ゲストの服装は派手になりすぎないことが基本ですから、
代わりにアクセサリーなどの小物で華やかさを演出しよう!などと考える人が少なくありません。

いくらドレスに気を付けても、最後の仕上げのアクセサリーの選び方を間違えてしまっては、折角の
お呼ばれマナーも台無しになってしまうかもしれません。お祝いの席に彩りを添えるべく、ゲスト
らしい装いの仕上げというべきアクセサリーの選び方のコツは以下のとおりです。

①昼の結婚式のジュエリー・アクセサリー
昼の結婚式では、アクセサリーもドレス同様「光らないもの」を選ぶのがコツです。ゴージャスな
アクセサリー類は主役の花嫁だけに許されるものであるため、あまり華美なものは付けないように
するのがマナーです。

宝石なら、光の上品なパールや珊瑚、翡翠(ひすい)、トルコ石、ラピスラズリ、ムーンストーン・
メノウ・アメジストなどがおすすめ。ラインストーンやビーズ素材ならシックな印象に見えるもの
を選ぶのがベストです。

②夜の結婚式のジュエリー・アクセサリー
夜の結婚式では華やかなドレスにあわせるようにアクセサリーもキラキラしたものを選びます。
アクセサリーはパールやエメラルド・ダイヤなどの宝石、ラインストーンやクリスタル、ゴールド
など、照明に映えるものを選択しましょう。
これらの宝石類を使ったネックレスやピアス、ブレスレットなら問題なくつけられます。

③パールのアクセサリー
定番かつ無難なのがパールのアクセサリー。パールは光過ぎず派手すぎず、フォーマルな印象があり、
どんな服装にも合わせやすい装飾品です。ただ、黒いパールはお葬式を連想させるので嫌がる人も…
また、不祝儀を連想するため結婚式では避けるべきといわれていますが、絶対にNGというわけでは
ありません。ただ、気にする人がいる可能性はありますから、配慮して避けておいたほうが無難です。

④ネックレスのデザイン
鏡を見たときに胸元の印象が「上品」に見えることがネックレスの大切なポイントです。
ネックレスは顔周りの印象を決める重要な装飾品です。その他アクセサリー同様キラキラと光る物や
派手すぎる物を避けて選びましょう。

上品な輝きのある一粒ダイヤのネックレスやパールの一連ネックレスが王道です。
長さのあるパールネックレスなら、昼の結婚式では3連にしてフォーマルな長さに、夜のパーティー
等では2連にして豪華な印象に…とアレンジして使うことが可能となります。

ちなみに、パールネックレスの複数連なったものは「結婚が重なる=離婚を連想させる」ので避ける
べきとも言われましたが、最近では逆に「喜びが重なる」という意味合いで考え、結婚式に相応しい
装いともされています。
確かにマナー違反と言われていた時期があったこと、また弔事マナーと混同されていることもある
かもしれません。現在ではマナー違反ではないものの、参列者に年齢層の高い方などは避けた方が
無難なのかもしれません。

⑤揺れるピアス・イヤリング
よく聞かれるものとして、揺れるピアス・イヤリングが「家庭が揺れる」「安定しない」など縁起が悪い
のではないかと心配されることがあるようですが、これはちょっと気にしすぎかもしれません。
花嫁のアイテムにも揺れるようなものは昔から使用されていました。また特に夜の華やかなドレスには、
揺れるようなものも似合いますし華やかにもなります。
服装やヘアスタイルなど、トータルのイメージに合ったピアス・イヤリングなら問題ないでしょう。

⑥ブレスレット
ブレスレットを身に着ける場合は、手首に生花のリストレットをつける花嫁も多いので、花がモチーフ
となっているものは避けた方が無難です。
パールやゴールド、プラチナ、シルバーなどの貴金属のもので華奢なデザインで上品にまとめるのが
基本となります。また、結婚式はフォーマルな席ですから、ウッドやビーズ、革などカジュアルすぎる
素材やボリュームのあるバングルなどは似合いません。

⑦髪飾り(ヘアアクセサリー)
ティアラや大ぶりのコサージュなど、花嫁とかぶる可能性のある光り物のヘアアクセサリーを身に着け
るのは控えましょう。また、小物やバッグ・靴のマナーと同様に、ファーやフェザー、アニマル柄など
動物を連想させるようなアクセサリーは殺傷を連想させるため縁起がよくないとされています。
やはりパールやスワロフスキーなどのクリスタル、ラインストーンのバレッタや、サテン・シフォン
素材のコームなど、上品さと華やかさを兼ね備えたものを選ぶようにしましょう。

⑧自分の婚約指輪
結婚式やパーティーにお呼ばれする場合、”主役を立てる”、”キラキラしたものを付けない”というの
は重要なことなのですが、自分の「婚約指輪」としてダイヤモンドを着ける事はマナー違反には該当
しません。むしろフォーマルなものとして正式な装いのひとつですから、出番が少なくなりがちな
「婚約指輪」ですので、こんなときこそ積極的に活用させましょう。
とは言え、自分から指輪を見せて話したりするようなことは、場合によっては嫌味にとられる恐れも
ありますからやめておきましょう。 

⑨腕時計
一般的には、女性の場合、披露宴に腕時計をしていくというのはマナー違反だと考えられています。
「時計」というのは”時間を気にする”、”早く席を立ちたいと考えている”というように、マイナス
イメージで捉える方も少なくないので、結婚式のようなフォーマルな場での時計着用は避けた方が
良いでしょう。
ただ、時計もファッションアイテムのひとつです。カジュアルなパーティなどであれば、ラグジュ
アリーなジュエリーウォッチやシックで落ち着いた雰囲気のものなどブレスレット感覚で付けられ
るものを選べば、コーディネートのイメージを損ねず、ドレスアップにもおススメです。

◎まとめ・賢くおしゃれな小物選びの法則

結婚式は大切な友人や同僚の晴れの舞台。
また、そこに集まるゲストには仕事関係者の方から、
親族・知人友人までと幅広い年齢層の方々が
多数参加されます。主役の新郎新婦だけでなく、
どのゲストにも不快な思いをさせないように努め
たいものです。

結婚式や披露宴のお呼ばれマナーには「あれもダメ、これもダメ」など、制約ばかりが目立ち、
得てして地味になりすぎてしまう…なんてこともあります。
それでも、一生に一度の大切な結婚式・披露宴に招待されたのでしたら、式に華やかさを添える
ことが女性ゲストの役割であり、参加する側のマナーと言えるのかもしれませんね。

せっかくのめでたい席ですから、その場とご自身が明るく華やかに輝く服装とアクセサリーで、
心から祝福の気持ちを表しましょう。

RETURN TOP

ギターのしらべ

【十二支星座占い】今日のあなたの運勢は?



占い

【全国主要都市の天気】あなたの街の天気予報


天気予報コム

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930